LPガスについて

災害時の対策

火災のときは

容器バルブを閉め、消防署員などに容器の位置を知らせ、後の処理を頼んで下さい。

地震のときは

器具栓、ガス栓を閉め、火をすべて消し、ゆれの大きかった時はおさまった後で容器バルブも閉めて下さい。

洪水の恐れがあるときは

容器バルブを閉め、容器が倒れたり流されたりしないか、しっかり固定されているか確かめて下さい。
災害時における注意点
1. 災害後に再びガスを使用する時は、必ず販売店の点検を受けて下さい。
2.異常があった時は、住所、氏名、電話番号、状況などを至急販売店に連絡して下さい。

地震や台風、洪水などの災害は、私たちの暮らしに大きな被害をもたらします。中でも、炊事、暖房、お風呂などに欠くことのできないガスの供給が止まると、長期間にわたって予想もできない苦しい生活を強いられます。LPガスはどんな場所でも使えて、容器を直接お客様のところまでお届けするので、地震などの災害が起こっても、いち早く復旧ができ、ご不便をおかけすることはありません。
また、災害時には安全機器が働いて、二次災害を防止します。

阪神・淡路大震災でもLPガスによるガス事故はゼロ

地震発生後、ただちに適切な対応がLPガス販売店、そしてお客様によって行われたケースが多く、これによってLPガスによるガス事故を未然に防ぐことができました。